書類保管はバーチャルオフィス

自宅で一人仕事をするのであれば、最小限の作業スペースは確保するのは難しくはありません。しかし、取引先やお客様との商談の際、自宅に招き入れるのは抵抗がある人もいらっしゃるでしょう。また、カフェなどで商談というのも可能ですが、周りに無関係の人もいます。大切な情報を扱うのであれば、安全な場所とはいえません。また、大切な書類の保管場所に困る場合も多いです。

バーチャルオフィスバーチャルオフィスは、貸し会議室や面談スペースを借りることができます。カフェなどと違って、周りを気にせず大切な商談をすることができます。また、時間単位で借りることができますから、必要なときに必要なだけ借りることができますので、無駄な固定費が必要ありません。貸し会議室は、さまざまな用途に利用できますので、集客のためのセミナー開催などにも利用できます。

会社の定款や株主名簿は、会社法に基づき本店所在地に保管する必要があります。自宅に保管となるとプライベートの書類と一緒になってしまったり、部屋が狭いと保管が乱雑になる可能性もあります。急に必要になった時、どこにあるのかわからないなんてことにはなりたくないですよね。そこで、バーチャルオフィスの書類保管サービスを利用すれば、安全な保管スペースが確保できますので安心です。

バーチャルオフィスで費用削減

会社を辞めて起業をする場合、何から何まですべて自分一人で準備する必要があります。会社員のときには、想像もしていなかったような業務などもすべて自分でやらなければなりません。そして、自宅を事務所にするという人も多いです。しかし、自宅を事務所にすると、自宅の住所が公になり、プライベートも知られてしまい、急な来訪者の対応に追われたり、余計な営業電話などに悩まされることも多かったりするでしょう。だからといって、事務所を用意するとなるとお金もかかります。

費用そこで、バーチャルオフィスを利用することで、自宅で仕事をしながらプライベートが確保されます。バーチャルオフィスは、実際に事務所を持たずに、オフィス機能だけを低価格で受けることのできるサービスです。オフィス機能は、たとえば、会社の住所、電話番号、FAX、お客様と商談する場所などです

一般的に起業をするには、事務所を借りて、電話をひき、デスクなどの必要なオフィス環境を整える必要があります。それに加え、資本金、登記費用などが必要です。考えただけでもオフィス環境の初期費用はかなりの金額となることでしょう。そして、起業後の半年から1年間くらいは、利益がでにくいと言われています。準備だけでも赤字になりそうですよね。しかし、バーチャルオフィスは、低価格でビジネスに必要な環境を一式準備できます。また、登記簿場所を自宅ではなくバーチャルオフィスにすることが可能です。急な訪問者の接客、宅配便の受け取りなど雑務を委託できるので、おすすめなサービスです。

起業にはバーチャルオフィス

起業をするにあたって、初期費用をおさえたいというのが本音ではないでしょうか。できることなら、事務所を借りずに自宅を仕事場にすれば、初期費用も抑えることができます。そうなると、会社の登記場所を自宅の住所にする必要がでてきます。しかし、会社の登記場所を自宅にする場合、自宅が賃貸物件の場合は、事務所として登録できないことがあります。また、登記場所を自宅にできたとしても、自宅住所を名刺やHPに記載することになりますので、営業電話がかってきたり、急な来訪者に頼んだりすることも多いでしょう。

バーチャルオフィスそこで、自宅で仕事をするのなら、バーチャルオフィスがおすすめです。バーチャルオフィスは、オフィスや事務所、貸店舗を新たに準備する必要もなく、事業を始める際に必要な住所、電話番号などの必要な情報を借りることができます。バーチャルオフィスの住所は、一等地の場所も多く、会社のイメージアップにもつながります。名刺やHPにもバーチャルオフィスの住所を記載することができますので、営業電話や急な来訪者も対応してくれます。仕事場は自宅ですので、賃貸契約にかかる初期費用や、事務所の維持費や経費、人件費などのランニングコストも抑えることができます。

また、バーチャルオフィスでは、貸し会議室や商談スペースを必要な時だけ必要な時間だけ借りることができますので、大切な商談などにも利用できます。そして、書類保管サービスを利用すれば、会社法で義務づけられている会社の書類の安全な保管スペースが確保できます。セキュリティ対策にもバーチャルオフィスは強い味方です。このサイトでは、バーチャルオフィスの魅力をご紹介します。