起業にはバーチャルオフィス

起業をするにあたって、初期費用をおさえたいというのが本音ではないでしょうか。できることなら、事務所を借りずに自宅を仕事場にすれば、初期費用も抑えることができます。そうなると、会社の登記場所を自宅の住所にする必要がでてきます。しかし、会社の登記場所を自宅にする場合、自宅が賃貸物件の場合は、事務所として登録できないことがあります。また、登記場所を自宅にできたとしても、自宅住所を名刺やHPに記載することになりますので、営業電話がかってきたり、急な来訪者に頼んだりすることも多いでしょう。

バーチャルオフィスそこで、自宅で仕事をするのなら、バーチャルオフィスがおすすめです。バーチャルオフィスは、オフィスや事務所、貸店舗を新たに準備する必要もなく、事業を始める際に必要な住所、電話番号などの必要な情報を借りることができます。バーチャルオフィスの住所は、一等地の場所も多く、会社のイメージアップにもつながります。名刺やHPにもバーチャルオフィスの住所を記載することができますので、営業電話や急な来訪者も対応してくれます。仕事場は自宅ですので、賃貸契約にかかる初期費用や、事務所の維持費や経費、人件費などのランニングコストも抑えることができます。

また、バーチャルオフィスでは、貸し会議室や商談スペースを必要な時だけ必要な時間だけ借りることができますので、大切な商談などにも利用できます。そして、書類保管サービスを利用すれば、会社法で義務づけられている会社の書類の安全な保管スペースが確保できます。セキュリティ対策にもバーチャルオフィスは強い味方です。このサイトでは、バーチャルオフィスの魅力をご紹介します。